トップ  >  人はどのようにして音を知覚するか

人はどのようにして音を知覚するか

人の認識できる音の高さは、20Hz〜20KHzであると従来言われてきた。
だが、それは耳によって知覚できる音の範囲であって、皮膚を通して脳に知覚される音は20KHzを超える音でも認識されていることがわかった。
これは、科学的に検証された。脳波の変化によって捉えられたのである。
楽器や音楽によっては100KHzを遥かに超える音の高さも発していて、これが「いい音」と認識される要素になっていることもわかった。

一例として、薩摩琵琶を紹介します。
https://youtu.be/R8pzTFWiCP4