アルバムトップ : オーディオ :  三菱の作った160cmスピーカー

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

三菱の作った160cmスピーカー
三菱の作った160cmスピーカー高ヒット
投稿者dolcedolce さんの画像をもっと!   前回更新2016/2/7 12:19    
ヒット数726  コメント数1    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)
方式 1ウェイ・1スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット 低域用:160cmコーン型(PW-1600)
周波数特性 8Hz~500Hz
出力音圧レベル 98dB/W/m
最大入力 3,000W
外形寸法 幅2,372×高さ2,312×奥行1,375mm
重量 1,500kg

※ これで能率が98dBとは驚きです。
http://audio-heritage.jp/DIATONE/diatonesp/d-160.html

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
dolce
投稿日時: 2016/2/27 9:16  更新日時: 2016/2/27 9:16
管理人
登録日: 2014/10/31
居住地:
投稿数: 739
 Re: 三菱の作った160cmスピーカー
テストで音出しした時、建物が共振し地震かと思ったほかの部署の社員が飛び出したと言う伝説が有ります。
最初に一般公開されたのは1981年3月の神戸ポートピア、三菱未来館です。
また、当時のTBSのクイズ番組で「プレハブ住宅のなかで鳴らしたら窓ガラスは割れるか?」という問題に使われたようで、ガラスは簡単に割れてしまったそうです。
このスピーカーは騒音振動の研究する神戸大学の研究室や電力中央研究所に納入されたようです。