投稿者 : dolce 投稿日時: 2016-02-16 15:39:53 (565 ヒット)
多くのスピーカーのインピーダンスは8オームです。 しかし、これは再生周波数のうち一番低い値を示しています。 現実には低域から高域までずいぶんインピーダンスの変化があります。 これがよくないと言ってインピーダンスを、8Ω一定に補正するという人がいますが、そんなことできるのでしょうか? このことについては、こちらで説明しています。


投稿者 : dolce 投稿日時: 2016-02-07 16:10:45 (535 ヒット)
スピーカーを選ぶときの一つの指標として、高域再生の上限が100KHzまで達しているものを選びましょう。 その根拠は20KHzを超える超高域まで再生することで、耳で聴こえる可聴帯域の音も美しく聴こえるからだ。 これは理論的に明らかになっている。 その理論については追って述べることにする。 最近気がついたことであるが、ONKYOのスピーカーは100KHzまで再生帯域が伸びている。 もしかしたら、ONKYOはこの理論に基づいて作っているのかも知れない。 イヤフォンやヘッドフォンでは意味がないので、念の為。

投稿者 : dolce 投稿日時: 2015-12-06 21:35:53 (624 ヒット)
このことについてはhttp://edwiss.com/modules/pico/index.php?cat_id=4を参照のこと。

投稿者 : dolce 投稿日時: 2015-12-04 23:49:46 (630 ヒット)
和音がきれいに響くのは純正律である。 http://edwiss.com/modules/pico2/index.php?content_id=2

(1) 2 3 »